日本言語聴覚士協会からのお知らせ
『新型コロナウイルスの影響拡大に伴う注意喚起』
(添付PDFあり)

『新型コロナウイルスの影響拡大に伴う注意喚起』

2020.04.14 日本言語聴覚士協会からのお知らせ
【重要】新型コロナウィルス感染症にかかる臨床業務における基本的対応事項について

新型コロナウィルス感染症にかかる臨床業務における基本的対応事項について

第21回日本言語聴覚学会の
特設ページを開設しました。
以下のリンクよりご覧いただけます。

第21回日本言語聴覚学会
開設準備特設ページはこちら

県士会からのお知らせ

2020年度茨城県失語症者向け意思疎通支援者養成研修事業の研修情報が掲載され、申し込みが開始されました。
2020年7月17日更新
令和2年度茨城県介護予防リハビリ専門職指導者養成研修 開催案内(第2報)を研修会情報に掲載いたしました。

https://www.irpa.jp/kenshu/kaigo/
積極的な受講をお願い致します。
日本言語聴覚士協会「地域リハビリテーション活動支援のための人材育成事業」に関して茨城県では(一社)茨城県リハビリテーション専門職協会が主体となって、毎年「茨城県介護予防リハビリ専門職指導者養成研修」が開催されています。
当該研修を修了された方におかれましては、日本言語聴覚士協会「地域リハビリテーション活動支援のための人材育成事業」である研修「地域包括ケア推進コース」と「介護予防推進コース」2コースの認証を得ることが可能です。
当会では、上記2コースの認証手続きの代行を行っておりますので、茨城県介護予防リハビリ専門職指導者養成研修を修了し、認証希望される会員の皆様におかれましては当会HPお問い合わせより、①お名前 ②勤務先 ③勤務先住所 ④日本言語聴覚士会会員番号 ⑤茨城県介護予防リハビリ専門職指導者養成研修修了年度を記載して送信をお願い致します。

ご不明な点におかれましてもHPお問い合わせよりお願い致します。
2020年7月2日更新
企業案内/新製品情報掲載のお知らせ

第21回日本言語聴覚学会特設ページ内に、雪印ビーンスターク株式会社様の企業案内/新製品情報を掲載いたしました。
【第21回学会からのお知らせ:抄録・追加寄稿の閲覧について】

各位
本学会で予定されていた講演の一部につきまして、講師の先生方のご厚意により、追加寄稿を頂くことになりました。
学会ホームページに掲載されます。一般演題抄録と併せて、ぜひご覧下さい。
学会ホームページURL:http://www.congre.co.jp/jaslht21/

閲覧用パスワードは、送付されます「プログラム・予稿集」、または日本言語聴覚士協会ホームページのマイページ内メッセージに掲載されます。
閲覧期間は7月13日~9月末となります。
閲覧に際しては、知的財産保護の観点から、ダウンロード、印刷、編集、転用は、これを禁止します。

皆様の「学びの芽生えと知の開花」に寄与できますことを、心より願っております。
第21回日本言語聴覚学会inいばらき2020 実行委員会
2020年5月13日更新
2020年6月号の広報誌について

諸事情により、2020年6月号は休号といたします。
次号以降は通常通り発行予定となっております。
2020年4月10日更新
【ご確認ください】第21回日本言語聴覚学会 集合開催中止のお知らせ

令和2年6月19日、20日に開催を予定しておりました「第21回日本言語聴覚学会inいばらき2020」は、新型コロナウイルス感染症による健康被害および感染拡大を防止するために、現地での集合開催は中止と致します。
学会の運営に際し、ICTを活用したWEB・オンラインでの開催等、実施方法の可能性を協議して参りましたが、本学会は、「言語聴覚研究」への事後抄録の掲載をもって発表に代える、「誌上開催」とする判断に至りました。
一般演題の発表予定者の方々、関係者の皆様には、今後の対応につきまして、改めてご連絡を致します。今しばらくお待ちください。

なお、6月21日に開催予定の全国研修会、および学会会期中の各種会議・委員会も併せて中止とさせていただきます。

皆様には、多大なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

令和2年4月10日

第21回日本言語聴覚学会inいばらき2020  学会長 草野義尊
一般社団法人日本言語聴覚士協会  会長 深浦順一

日本言語聴覚士協会HP お知らせページ
https://www.japanslht.or.jp/article/article_1204.html
2020年2月26日更新
日本言語聴覚士協会の役員選挙について

投票期間は20日(木)から26日(水)までとなっております。
協会会員の方はご確認ください。

日本言語聴覚士協会
https://www.japanslht.or.jp/article/article_1137.html
(会員ログインが必要です)
2019年12月23日更新
【日本言語聴覚士学会2020】【演題募集期間のお知らせ】
茨城県つくば市にて行われる学会について演題期間が以下のように決定しました。
【演題募集期間】
2019年12月17日(火)~2020年1月16日(木)正午
詳細は添付資料と本ホームページにリンクされた特設ページをご覧ください。
2019年10月10日更新
映画のお知らせ
2019年7月3日更新
生涯学習プログラム基礎講座の受付を開始いたしました。
2019年2月1日更新
生涯学習プログラム基礎講座の受付を開始いたしました。
2019年1月27日更新
当会で行っている失語症者向け意思疎通支援者養成研修の記事及び失語症に関する記事を読売新聞様に掲載いただきました。https://www.facebook.com/CiChengXianYanYuTingJueShiHui/?modal=composer¬if_id=1548018152172403¬if_t=aymt_upsell_tip&ref=notif
10月10日更新
茨城県庁様ホームページにて「失語症者向け意思疎通支援者養成研修」が掲載されました。
10月5日更新
認知力アップセミナー教材をアップいたしました。
9月20日更新
朝日新聞にて当会の取り組みが掲載されました。https://www.asahi.com/articles/ASL964S6HL96UJHB00B.html
9月1日更新
言語聴覚の日2018inいばらき」は総勢100名を超える参加者に恵まれ無事終了いたしました。
9月1日更新
生涯学習プログラム・専門講座・研修会の受付を開始いたしました。

研修会のお知らせ

アイコンの見方

・・・失語症に関する研修会

・・・失語症に関する研修会

・・・高次脳機能障害に関する研修会

・・・高次脳機能障害に関する研修会

・・・摂食嚥下障害に関する研修会

・・・摂食嚥下障害に関する研修会

・・・小児に関する研修会

・・・小児に関する研修会

・・・吃音に関する研修会

・・・吃音に関する研修会

・・・構音障害に関する研修会

・・・構音障害に関する研修会

・・・上記以外の研修会

・・・上記以外の研修会


2020年度 茨城県失語症者向け意思疎通支援者養成研修事業 開催案内

「失語症者向け意思疎通支援者養成事業特設」のページからお申込みをお願い致します。

2020年度 茨城県失語症者向け意思疎通支援者養成研修事業 開催案内
2020年度 茨城県失語症者向け意思疎通支援者養成研修事業 開催案内
令和2年度茨城県介護予防リハビリ専門職指導者養成研修 開催案内
令和2年度茨城県介護予防リハビリ専門職指導者養成研修

医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築の実現が全国的に急務とされるなか、茨城県作業療法士会・茨城県理学療法士会・茨城県言語聴覚士会は、平成27年度に 3士会共通の研修プログラムを策定し「A:介護予防推進リーダー」と「B:地域包括ケア推進リーダー」の2つの認証コースを全国に先駆けて設定しました。
本研修はリハビリテーション専門職種の地域包括ケアシステム活動推進において、地域リハビリテーション活動支援事業への参画促進や市町村・関連他団体との連携強化など、茨城県における体制整備をすすめるうえで、大変重要な研修会と位置付けております。
茨城県の地域包括ケアシステムの発展の一環として、3士会会員皆様のご参加をお願い致します。

https://www.irpa.jp/kenshu/kaigo/
申込方法:上記HPの専用フォームよりお申込みください。また今回から受講者は同時に誓約書を提出願います。
(H27-R1年度に既に申込み済の方もお申込みが必要となります。詳細は要項をご確認ください。)
申込期間:令和2年7月1日(水)~8月23日(日)
受講料:無料

アクティビティ インストラクター資格認定セミナーin水戸
※日本作業療法士協会生涯教育制度基礎ポイント1ポイント付与対象
※日本認知症予防学会更新単位2単位付与対象

日程:2020年8月29日(土)10:00~16:15
会場:あかつきホール(水戸市東原3-2-7)
講師:高橋克佳(認知症ケア研究所 統括管理者 日本認知症ケア学会 評議員)
受講料:9,900円/1名
アクティビティ・ケアの基礎理論を事例と実践から学ぶ初級編の一日講座です。
ホームページアドレスは以下の通りです。
お時間のある時にご覧いただけましたら幸いです。
http://www.aptycare.com/instructor.html

※コロナ禍ではありますが、会場の定員数の削減、体温測定、マスク着用、換気、手指消毒などの感染対策をしつつ運営致します。

フローチャートから診る構音障害セミナー~音声学✖音響学✖運動学~

構音障害の評価は、音の評価だけでは不十分です。その音からどのような構音運動パターンが起こっているのかまでを把握しなければなりません。

一つの歪み音であっても、それを引き起こしている構音運動パターンは多岐にわたります。どのような誤った構音運動パターンがあるのか?
それに対しどのようなアプローチを行うのが良いのか?を「音声学」×「音響学」×「運動学」の視点を掛け合わせ、分かりやすくフローチャートにまとめて説明します。
題名   : フローチャートから診る構音障害セミナー
       ~音声学✖音響学✖運動学~
日時   : 2020年4月11・12日 10時~16時30分まで
会場   : 東京都台東区花川戸2-6-5
       東京都立産業貿易センター台東館2F A会議室
料金   : 会場での受講 1日参加:12,000円 両日参加:20,000円
       オンラインでの受講 1日参加:9,000円 両日参加:15,000円
       詳細はホームページをご覧ください。
       https://three-s-st.jimdofree.com/

第23回日本臨床脳神経外科学会
第23回日本臨床脳神経外科学会
第23回日本臨床脳神経外科学会

第23回日本臨床脳神経外科学会が2020年9月20・21日に
甲府記念日ホテル(山梨県甲府市)において開催されます。
本学会は医師ばかりではなく、看護師やリハ専門職、検査や事務職等、脳神経外科の臨床に携わるあらゆる職種が集まり、最新の医療情報ばかりではなく、医療経済や防災・新人教育や医療安全等、多岐にわたる一般演題発表や講演・シンポジウムが行われます。
参加者で最も多いのが看護師とPT・OT・ST等のコメディカルスタッフです。
全国から多くの方に参加していただきたいと思っております。
※尚、本学会は日本言語聴覚士協会 生涯学習ポイント対象となっております。
詳細は以下のホームページをご覧下さい。
第23回日本臨床脳神経外科学会ホームページ
https://convention.jtbcom.co.jp/23jansc/

重度の知的障害を伴う自閉症スペクトラムの言語・コミュニケーション指導
~言語聴覚士・指導員などのための勉強会~
言語聴覚士・指導員などのための勉強会
言語聴覚士・指導員などのための勉強会

日時   : 2020年2月16日(日) 10:30〜16:00
会場   : 一般社団法人発達精神医学・心理学研究会セミナールーム
       (神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-3 太光クリニックビル6F)
参加費  : 11,000円(税込)
内容   : 言語未習得の段階からの評価、指導・支援について、
       実際の事例(子どもと成人)のビデオや
       講師によるデモンストレーションを見ていただきながら学びます。
申込み方法: 以下URLよりお申込みください。
       https://www.kokuchpro.com/event/a5fe74f9fd03aeb19abd5a1e899422cd/
お問合せ : よこはま発達相談室
       seminar@ypdc.net

令和元年度第3回茨城県介護老人保健施設協会
リハビリテーション専門委員会研修会
老健で活用できる認知症リハビリテーションについて

『個別・集団リハビリの活用』『ADLに繋げるリハビリプログラム』『認知症リハビリのエビデンス』など臨床に活かすことができる内容や川口先生からの老健セラピストに向けたメッセージを聞くことができる貴重な機会となっております。多数お誘いあわせの上、是非ご参加ください。
講師   : 川口 淳一 先生
       結城病院 リハビリテーション部 作業療法科 科長
日時   : 令和2年2月7日(金)19:00~20:45(受付18:30~)
会場   : 茨城県総合福祉会館 4階大研修室
参加費  : 会員2,000円 非会員3,000円
対象者  : PT/OT/ST、その他関連職種
定員   : 150名
申込み締切: 令和2年1月24日(金)
申込み方法: 以下URLよりお申込みください。
       https://ws.formzu.net/sfgen/S6591150/
お問合せ : 老健みがわ 作業療法士 山田 昌宏
電話   : 029-305-6868

水戸、那珂・ひたちなか、県北地域の合同勉強会「高次脳機能障害のアップデート」

~研修会~
日時   : 令和2年1月24日(金) 19:00~20:00(予定)
会場   : ラプラス津田
テーマ  : 高次脳機能障害のアップデート
講師   : 吉田 眞由美先生
対象   : 茨城県言語聴覚士会の会員
参加費  : 無料
申込み方法: 下記参照

~懇親会~
日時   : 令和2年1月24日21:00〜22:30
会場   : 炉ん
会費   : 3200円(税込み)
申込み方法: 下記参照
※会場予約の都合上、お早めにご連絡下さい。
※定員を越えた場合、お断りさせて頂くことがありますのでご了承下さい。
※懇親会のキャンセルは3日前にお願い致します。キャンセル料が発生します。

~申し込み方法~
申込み先 : ラプラス津田 高橋 知也
       laplacetsuda@yahoo.co.jp
記載方法 : ①講義のみ参加
       ②懇親会のみ参加
       ③講義及び懇親会参加
       1.所属名 2.氏名を記載した上で①〜③を選択して下さい。

       例)ラプラス津田 高橋 知也 ③
  締め切り : 令和2年1月17日(金)まで
       ※できる限り施設でまとめてご連絡下さい。

【生涯学習プログラム・基礎講座、専門講座のお知らせ】

下記の通り基礎講座・専門講座を開催いたします。
本会は日本言語聴覚士協会・生涯学習プログラムの基礎講 座・専門講座・ポイント対象研修会に該当するものです。
参加を希望される方下記の申し込み方法にて参加手続 きをお願い致します。
多くの方々の参加をお待ちしております。
日時 : 2020 年 1 月 26 日(日) 8:55~14:30
場所 : 水戸メディカルカレッジ
参加費: 基礎講座:県士会会員 1000 円(何コマでも可能)
     非県士会会員 1 コマ 1000 円
     専門講座:県士会会員 2000 円
     非県士会会員 4000 円

8:30~ 受付開始
9:00~10:00 基礎講座1 「臨床業務のあり方進め方」
講師:高橋 久善(水戸ブレインハートセンター)
10:05~11:05 基礎講座2 「協会と役割と機構」
講師: 岡野 忍 (介護老人福祉施設 くるみ館)
11:10~12:10 基礎講座3 「研究法序論」
講師:中村 晴子(日製日立総合病院)
12:10~13:00 ― 昼食 ―
13:00~14:30 専門講座 「早期からの教育支援と学校との連携」
講師:岡崎 宏 先生(水戸メディカルカレッジ)

申し込み方
下記 URL よりお申込み下さい。
URL:  https://docs.google.com/forms/d/1wDXH5-YWe2gvTqGN6qfLNEOpNYUweQpaJMbcvk1X2fk/edit
※ 締め切り 2020 年 1 月 22 日(厳守)

平成の訪問リハを振り返る~そして未来を創造しよう~

主催: 日本訪問リハビリテーション協会
大会名:第 16 回日本訪問リハビリテーション協会学術大会 in 高知
日時: 2020 年 5 月 30 日(土)~31 日(日)
場所: 高知市文化プラザかるぽーと
    高知市中央公民館 高知市九反田 2 番 1 号
テーマ 平成の訪問リハを振り返る~そして未来を創造しよう~
備考: PDF 添付
    ※PDF送付が行えるメールアドレスを教えて頂ければ追って送付させて頂きます。
URL: http://www.houmonreha.org/kochi/

他関連団体のポイント申請について
参加:10ポイント 演題発表:5ポイント 講師・シンポジスト:5ポイント

日本作業療法士協会
参加:1ポイント(2日間の場合は2ポイント) 演題発表:1発表につき1ポイント加算
講師・シンポジスト:1ポイント(2日間の場合は2ポイント)

日本言語聴覚士協会
参加:1ポイント 演題発表:1ポイント

嚥下・発声などの姿勢、疼痛に対する手技に興味ある方々
末梢神経を科学する

テーマ    末梢神経を科学する
日時     12/1日曜 12:30〜16:30
場所     恵愛小林クリニック 2階 機能訓練室
料金     8,800円(税込み)
参加費      無料

今回は、末梢神経にフォーカスし、ペインサイエンスを読み解いてもらいます。
伸びる、縮む感覚など20ほどの神経エクササイズを伝達してもらえます。次の日から使える情報満載です!
参加希望、興味のある方は是非 以下URLからエントリーお願いします。
https://dnmjapan.jp/dnm-seminar/
※当日は17時くらいより 岩吉先生と懇親会(会場近郊)を計画しております。
直接相談したい、他セラピストとの交流を深めたい方は是非ともご出席の旨を当日 スタッフにお話しください。

2019年度障害者週間「連続セミナー」 社会がつくる障害「吃音」:スティグマと就労から吃音を考える

日時       12月5日(木)9:30-11:20
会場       有楽町朝日スクエア
         千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11F
参加費      無料
主催       内閣府、NPO法人 全国言友会連絡協議会
ホームページアドレスhttps://www.zengenren.org/
参加申込サイトはこちらから
>>>>>
https://www.kokuchpro.com/event/5684634a363d392df3b323d9de2b0724/

セミナー概要
吃音は成人で100人に1人の割合で見られ、決して珍しい障害ではありません。
しかしながら、吃音症状に加えて社交不安などの二次的症状のために、自己効力感の低下や、社会生活の支障となる場合も少なくありません。
本セミナーでは吃音者の社会生活の現状と社会的態度について概説し、吃音のある人に対する認識と支援について考えます。

【胸郭セミナー】

日時       2019年11月3日(日)10:00~16:00(受付開始 9:30~)
会場       郡山市民交流プラザ 和室
         福島県郡山市駅前二丁目11-1ビッグアイ6階・7階
詳細はこちらから
>>>>>
http://seminar.asrin.nagoya/seminar_more.php?id=246

【下顎の調整と嚥下機能に関わる筋の触診 ~正しいシャキアー訓練について~】

日時       2019年11月2日(土)10:00~16:00(受付開始 9:30~)
会場       郡山市民交流プラザ 和室
         福島県郡山市駅前二丁目11-1ビッグアイ6階・7階
詳細はこちらから
>>>>>
http://seminar.asrin.nagoya/seminar_more.php?id=244

【人生会議(ACP)研修会~看取りをとおした多職種連携の取り組み】
【人生会議(ACP)研修会~看取りをとおした多職種連携の取り組み】
【人生会議(ACP)研修会~看取りをとおした多職種連携の取り組み】

第一部日時    令和元年10月31日(木)19:00~21:00
第二部日時    令和元年11月7日(木)19:00~21:00
会場       水戸プラザホテル2階ホールルーム
参加費      無料

【LGBT研修のご案内】
【LGBT研修のご案内】
【LGBT研修のご案内】

日時       令和元年10月21日(月)19:00~
会場       茨城県総合福祉会館コミュニティホール
講師       滑川友里 氏
お問い合わせ   一般社団法人茨城県介護福祉士会(事務局宛)

「歯科医・精神科医との連携」研修会
「歯科医・精神科医との連携」研修会

日時   10月16日(水)18:20~20:45
会場   茨城県総合福祉会館4回大研修室
主催   茨城県介護支援専門員協会

(後期)在宅医療・介護・看取りについて語る会
【LGBT研修のご案内】
アンコール上映会の開催

日時   令和元年10月26日(土)9:30~12:00
会場   水戸市社会福祉協議会ボランティア会館MIOS

「映画ケアニンを鑑賞して、在宅医療・介護・看取りについて語る会」アンコール上映会の開催について
アンコール上映会の開催
アンコール上映会の開催

日時   令和元年10月14日(月) 14:00~17:00
会場   茨城県立歴史館講堂(200名)

第6回徒手的言語聴覚療法研究会概要

日時   2020年2月8日(土曜日)
時間   13時30分~16時30分(13時10分開場)
場所   TEPIA 先端技術館 B1会議室A
     (東京都港区北青山2丁目8-44)
内容   言語聴覚士(養成校在学生も可、経験年数1年目以上推奨)
参加費  3,000円
募集人数 70名
テーマ  「dysarthriaへの徒手的療法(実技講演)」
     特別講演 「dysarthriaにおける体幹機能へのアプローチの実際」
     森之宮病院 リハビリテーション部 部長 椎名英貴
     教育講演 「dysarthriaにおける喉頭機能低下に対する徒手的アプローチ」
     広島都市学園大学 言語聴覚専攻科 講師 樋口直樹
     他、研究発表など
主催   徒手的言語聴覚療法研究会
後援   東京都言語聴覚士会、千葉県言語聴覚士会
応募方法 toshuteki_gengoryoho@yahoo.co.jp宛に以下の内容を記載し送付してください。
     表題「第6回徒手的言語聴覚療法研究会参加」
     1)お名前 2)ご所属 3)経験年数
     徒手的言語聴覚療法事務局宛

一般社団法人 茨城県言語聴覚士会
つくば土浦・牛久竜ケ崎地域 合同症例検討会(成人分野)およびセミナー開催のご案内

日時   令和元年11月10日(日)10:00~(受付開始9:30~)
場所   筑波記念病院(つくば市要1187-299) 
内容   ・成人分野の症例検討会 
     ・『ランチョンセミナーの開催
     講師:下嶋 哲也 先生(国立障害者リハビリテーション学院 言語聴覚学科)
発表定員 最大21症例
応募方法 下記URLより申し込みフォームを開き、必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
E-mail  https://forms.gle/3zkdRDyv49P9VfGc7
応募締切 発表エントリー:令和元年9月30日(月)〆
     聴講の申し込み:令和元年10月31日(木)〆
     ※日頃、成人分野に携わる先生方の多数の聴講をお待ちしております。
     ランチョンセミナーのみの受講:令和元年10月31日(木)〆
     ※全国学会に向けた症例のまとめ方や発表の仕方等、事例を通してご講義頂く予定です。
     全県から多くの皆様のご参加をお待ちしております。

研修会名:コミュニケーションパートナー育成支援セミナー

日時   2019年10月26日(土)13時15分-17時 
場所   国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区) 
プログラム
     ・講演「発達に応じたコミュニケーション支援」九州保健福祉大学 倉井成子
     ・『コミュニケーションパートナーハンドブック』の内容より、事例に基づく講演、グループディスカッションなど
     ・千葉県で開催された研修会の報告 (千葉県言語聴覚士会・旭発達支援ネットワークプロジェクト)
     ※内容は毎回改編して行っていますので、何度でもご参加ください。
申込方法 オンライン事前申込制
     言語発達障害研究会ホームページhttps://lipss.jp/
     支援セミナーのページから、必要事項を記入して送信してください(9月4日から受付開始します)。
締め切り 2019年10月2日(水)
参加費  税込1,000円
定員   60名(定員になり次第、受付を終了します。定員に空きがある場合は受付を延長します。)

日本コミュニケーション障害学会・上智大学言語聴覚研究センター共催
第 60 回講習会「事例を通して考える高次脳機能障害がある方の社会復帰の支援」

講師  長谷川幹先生 藤田真樹先生 (三軒茶屋内科リハビリテーションクリニック)
日時  2019 年 10 月 20 日(日)10:00-16:30
会場  上智大学四谷キャンパス(東京都千代田区紀尾井町 7-1)
参加費 当学会の会員4,000円、非会員8,000円、学生3,000円
    ※9月10日までに学会の入会手続きを行えば、会員料金での参加申し込みができます。

三軒茶屋内科リハビリテーションクリニック院長で『主体性をひきだすリハビリテーション』(日本医事新報社)などのご著書もある長谷川幹先生と、同病院の作業療法士藤田真樹先生をお招きし、高次脳機能障害がある方の社会復帰にどのような支援が大切なのか、お話しをうかがいます。

詳しい内容や申し込み方法は日本コミュニケーション障害学会のホームページの「講習会のご案内」からご覧ください。
"http://www.jacd-web.org/

和元年度 第2回茨城県介護老人保健施設協会リハビリテーション専門委員会研修会

日時   2019年9月23日(月)10:00~16:00
     9:30~  受付
場所   TKPガーデンシティPREMIUM田町
内容   【基調講演】 「乳幼児への補聴器適合」
【パネルディスカッションPart 1】 「小児・軽度・中等度難聴への補聴器アプローチ」
【パネルディスカッションPart 2】 「実例から見える補聴器適合と調整の問題点」
※耳鼻科医及び言語聴覚士の先生を7名お招きしております。
医療現場での聴覚や補聴器フィッティング知識の向上にお役立てください。
参加条件 補聴器適合と調整において活躍されている医師・言語聴覚士の先生方
参加費  税込4,000円(当日会場で現金支払い)
※前夜東京駅近隣にて懇親会開催予定(参加費:税込2,000円)
申込方法 下記の方法でお申込み下さい。
本文に下記事項を記載の上メール送信
1.お名前(フリガナ):
2.勤務先名:
3.所属名:
4.電話番号:
5.懇親会参加の有無:
送信先/問い合わせ先
ソノヴァ・ジャパン株式会社 聴覚教育部
E-mail:seminar.jp@phonak.com

第3回 フォナック専門家セミナー

日時   2019年9月23日(月)10:00~16:00
     9:30~  受付
場所   TKPガーデンシティPREMIUM田町
内容   【基調講演】 「乳幼児への補聴器適合」
【パネルディスカッションPart 1】 「小児・軽度・中等度難聴への補聴器アプローチ」
【パネルディスカッションPart 2】 「実例から見える補聴器適合と調整の問題点」
※耳鼻科医及び言語聴覚士の先生を7名お招きしております。
医療現場での聴覚や補聴器フィッティング知識の向上にお役立てください。
参加条件 補聴器適合と調整において活躍されている医師・言語聴覚士の先生方
参加費  税込4,000円(当日会場で現金支払い)
※前夜東京駅近隣にて懇親会開催予定(参加費:税込2,000円)
申込方法 下記の方法でお申込み下さい。
本文に下記事項を記載の上メール送信
1.お名前(フリガナ):
2.勤務先名:
3.所属名:
4.電話番号:
5.懇親会参加の有無:
送信先/問い合わせ先
ソノヴァ・ジャパン株式会社 聴覚教育部
E-mail:seminar.jp@phonak.com

和元年度 第2回茨城県介護老人保健施設協会リハビリテーション専門委員会研修会

日時   令和元年10月18日(金)
     18:30~  受付
     19:00~  講演
     20:30~  質疑・応答
場所   ワークヒル土浦 2階 会議室 (土浦市木田余東台4丁目1-1)
内容   リハ専門職に求められるチームマネージメント能力
     ~心理・行動・環境の視点からの取り組みについて~
講師   平野 雄三先生 理学療法士(医療法人社団 三成会 南東北春日リハビリテーション病院)
参加費  会員2,000円 非会員3,000円
申込方法 下記の方法でお申込み下さい。
     申込み専用ホームページ:http://ws.formzu.net/dist/S6591150/
申込締切 令和元年10月4日(金)
     懇親会 焼肉でん 土浦店 21:30~ 会費:5,000円
※当日キャンセルはキャンセル料発生
※日本理学療法士協会新人教育プログラム『C-5地域リハビリテーション』1単位、
日本作業療法士協会『基礎研修自由選択』2ポイント取得可

一般社団法人認知神経リハビリテーション学会主催
「言語・嚥下の障害・認知神経リハビリテーション・ベーシックコース」が開催されます。
皆様のご参加をお待ちしております。
【 日時】2019年8月24日(土)・25日(日)
【 場 所 】名古屋学院大学たいほうキャンパス
(愛知県名古屋市熱田区大宝二丁目4番45号)
【 内容 】「認知神経リハビリテーション入門」
「摂食・嚥下障害に対する認知神経リハビリテーション」
「失語症に対する認知神経リハビリテーション」
詳細は学会ホームページをご確認ください
【対 象】理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
【定員】80名(定員に達し次第締め切り,先着順)
【申込方法】「言語・嚥下の障害・認知神経リハビリテーション学会ベーシックコース募集受付フォーム」
ホームページ(https://jsncr.jp/)よりお申込み下さい。
【主 催】一般社団法人認知神経リハビリテーション学会 https://jsncr.jp/

2019 言語聴覚の日 市民公開講座 in いばらき

【 日時】2019年9月8日(日)14:00~16:00
【 内容 】失語症に関する
①講演
②パネルディスカッション
(詳細はチラシをご参照ください)
【 場 所 】茨城県立健康プラザ 3階 大会議室
(茨城県水戸市笠原町993-2 いばらき予防医学プラザ内)
【参加費】無料
【定員】先着100名
【申込〆切】8月24日(土)まで
【申込方法】チラシのQRコードから、または当会ホームページから申込フォームへご入力、
もしくはチラシ裏面の申込用紙をFAXしてお申し込みください。
第82回言語発達障害研究会定例会のご案内

NPO法人言語発達障害研究会の定例会を下記の通り開催します。

・日時:2019年6月1日(土) 午後1時30分~午後4時30分
・場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟402室
 東京都渋谷区代々木神園町3-1
・アクセス:http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
・会場費:言語発達障害研究会会員・学生 1,000円  他 2,000円
※当日オンライン入会された方も1,000円となります。
・お申込み:当日受付のみ(事前登録・申し込みは不要)
・テーマ:「質問-応答関係の評価・支援について」
・発表者:東江 浩美(国立障害者リハビリテーションセンター),知念 洋美(千葉県千葉リハビリテーションセンター)

内容:HPをご覧ください http://www.lipss.jp/

問い合わせ先:NPO法人言語発達障害研究会事務所
〒292-0825 千葉県木更津市畑沢2-36-3
Tel. & Fax. :0438-30-2331 E-mail:info@lipss.jp

第5回 一般社団法人茨城言語聴覚士会総会 特別講演
第5回 一般社団法人茨城言語聴覚士会総会 特別講演

第1部「言語聴覚士が知っておきたい栄養の基礎~病期別からリハ栄養まで~」
講師 鈴木瑞恵先生(認定言語聴覚士:摂食・嚥下障害領域)
筑波大学大学院博士課程

第2部「嚥下障害における多職種協働(interprofessional work)~認定看護師の視点で患者を看る~」
講師外塚恵理子先生(摂食・嚥下障害認定看護師)
筑波メディカルセンター病院看護師長

日時|2019年5月26日(日)
受付|9:00~
第1部|10:00~11:30
第2部|13:00~14:30

場所:東京医科大学茨城医療センター 医療福祉研究センター1階 多目的ホール
稲敷郡阿見町中央3-20-1(JR常磐線荒川沖駅)

参加費:3,000円
※講座数問わず(茨城を含む関東・山梨県ST士会会員は無料)

申し込み方法:*下記参照*資料準備の都合上、できるだけ事前の申し込みをお願い致します。
申し込み締切日:5/23
日本言語聴覚士協会生涯学習プログラム ポイント取得対象講座

《お申し込み先》
茨城県言語聴覚士会HP内の専用フォームにてお願い致します。
茨城県言語聴覚士会HP http://www.stibaraki.com/

2019年度 第1回茨城県介護老人保健施設協会

リハビリテーション 専門委員会
研修会お知らせ

謹啓
 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、下記の通り、研修会を開催いたします。今回は、「生活期における言語聴覚士の役割」をテーマに茨城県言語聴覚士会会長の草野義尊先生をお招きし講演頂きます。 生活期で働くリハ専門職に求められる視点や多職種連携の在り方、また地域包括ケアシステムにおける言語聴覚士の役割、リハ専門職の今後の方向性など、草野先生からの熱いメッセージを聴講できる貴重な機会となっております。老健で勤務されている先生方に限らず、病院等で勤務されている先生方、新入職された先生方まで多数のお誘いあわせの上、ぜひご参加下さいますようよろしくお願い致します。さらに、今回研修会終了後、草野先生との懇親会を予定しております。是非この機会に情報交換や交流を深めて頂きたいと思います。
敬白

日時 2019年6月7日(金)18:30~     受付
             19:00~20:30  講演
             20:30~20:45  質疑・応答
場所  茨城県総合福祉会館 4F大研修室 (茨城県水戸市千波町1918)
内容  「生活期における言語聴覚士の役割」
講師  草野 義尊先生(茨城県言語聴覚士会 会長)
参加費 会員2,000円 非会員3,000円
申込方法 下記の方法でお申込み下さい。
     申込み専用ホームページ:https://ws.formzu.net/fgen/S6591150/
申込締切 2019年5月24日(金)
主催 一般社団法人 茨城県介護老人保健施設協会リハビリテーション専門委員会
共催 公益社団法人 茨城県作業療法士会
後援 公益社団法人 茨城県理学療法士会/一般社団法人 茨城県言語聴覚士会

2019年度 茨城県失語症者向け意思疎通支援者養成研修事業

下記の通り,2019年8月31日(土)・9月1日(日)に第22回認知神経心理学研究会を東京女子大学にて開催いたします.皆様どうぞお誘い合わせの上,ご参加・ご発表いただければ幸いです.多くの皆様のご参集をお待ちしております。

第22回認知神経心理学研究会開催のお知らせ

【日時】2019年8月31日(土)・9月1日(日)
【会場】東京女子大学(東京都杉並区善福寺2-6-1)
【内容】認知神経心理学に関する研究発表のほか、3題の招待講演(小林一郎先生:お茶の水大学,山川宏先生:全脳アーキテクチャ代表・内海彰先生:電気通信大学)、および特別企画として、深層学習フレームワークを用いた神経心理学症状のシミュレーション・チュートリアルを予定しております。
【申込み方法】第22回研究会申し込みサイト:(https://sites.google.com/view/cnps2019/home)からお願いいたします。
【主催】認知神経心理学研究会
【実行委員長】浅川伸一(東京女子大学)
【連絡先】第22回認知神経心理学研究会実行委員会(2019cnps@gmail.com

詳細は認知神経心理学研究会ホームページ(http://cnps.umin.jp/)をご覧下さい。

2019年度 茨城県失語症者向け意思疎通支援者養成研修事業
2019年度 茨城県失語症者向け意思疎通支援者養成研修事業

~ST向け勉強会のご案内~

<県南開催>
日時:2019年6月8日(土) 10:00~12:00(受付9:45~)
場所:ワークヒル土浦 2階 研修室2
http://business4.plala.or.jp/workhill/index.html

<県央開催>
日時:2019年7月6日(土) 16:30~18:30(受付16:15~)
場所:プレジデントホテル水戸 11階 会議室
http://www.president-hotel-mito.co.jp/restaurant/access/

【共通項目】
県南・県央ともに内容は同じものとなっております。
参加費は無料です。
定員は、それぞれ20名で締め切らせていただきます。


本事業担当:横田彰

ibarakiken_st@yahoo.co.jp

第29回音声学セミナー「音声の録音と聴取の基礎」

下記の通り、日本音声学会・日本音響学会が共催で音声学セミナーを開催いたします。
(定員に達し次第、申し込みを締め切ります。お早目にお申し込みください)

主催:日本音声学会 企画委員会
日本音響学会 音声コミュニケーション調査研究委員会

日時:2019年3月22日(金)13:00 ~ 16:00
テーマ:音声の録音と聴取の基礎
内容:音声研究に必要な音声の録音や聴取の方法について、改めて基礎から学ぶためのセミナーです。
講師:河原英紀先生(和歌山大学)・津崎実先生(京都市立芸術大学)・榊原健一先生(北海道医療大学)
会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 8-B107 (8号館地下1階)
URL:https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
会場への問い合わせはご遠慮下さい。

共催:早稲田大学 ことばの科学プロジェクト研究所
参加費:会員 1,000円,非会員 2,000円
定員:100名

申込方法:
申込先アドレス psj2016k@yahoo.co.jpにお申し込みください.

件名(Subject)に「第29回音声学セミナー申し込み」とお書きください。
メール本文には以下の項目をお書きください。

氏名:
日本音声学会、日本音響学会 会員・非会員の別

問い合わせ先:
日本音声学会 久野マリ子(kuno@kokugakuinn.ac.jp
日本音響学会 荒井隆行 (arai@sophia.ac.jp

運転リハフォーラム2018茨城

「運転リハフォーラム2018茨城」を3月30日に茨城県総合福祉センターにて開催します。
URL:https://www.hcd-japan.com
※トップページから研修会募集ページへジャンプできます。

第14回日本訪問リハビリテーション協会学術大会㏌にいがた

1)主催 :一般社団法人 日本訪問リハビリテーション協会
2)大会名:第14回日本訪問リハビリテーション協会学術大会㏌にいがた
3)日時 :2019年6月29日(土)~30日(日)
4)テーマ:トキめく訪問リハビリテーション ~その扉を開けたあなたへ~
5)URL:http://www.houmonreha.org/niigata/

文部科学省「課題解決型高度医療人材養成プログラム」「精神科多職種連携治療・ケアを担う人材養成」事業キックオフシンポジウムの開催

期日:2019年3月9日(土) 13:00 ~ 16:30(12:30開場)
会場:筑波大学 臨床講義室A

申し込み:ご所属・ご氏名を明記の上「seishin.renkeigp@md.tukuba.ac.jp」までお申し込みください。
お問い合わせ:筑波大学附属病院 PsySEPTA事務局  電話:029-853-8069
主催:筑波大学附属病院 文部科学省 課題解決型高度医療人材養成プログラム「精神関連領域」採択事業
詳細は添付資料を参照ください。

生涯学習プログラム・基礎講座のお知らせ

下記の通り基礎講座を開催いたします。
本会は日本言語聴覚士協会・生涯学習プログラムの基礎講座ポイント対象研修会に該当するものです。
参加を希望される方は茨城県言語聴覚士会HPから参加の手続きをしてください。


日時:平成31年3月3日(日)
場所:水戸メディカルカレッジ

≪当日スケジュール≫
受付開始:8:30~

 9:00~10:00 基礎講座①「臨床業務の業務のあり方進め方」 講師:高橋久善
10:05~11:05 基礎講座②「言語聴覚療法の動向」 講師:鈴木悠史
11:10~12:10 基礎講座③「臨床のマネージメントと職業倫理」 講師:佐藤純史
12:15~13:15 基礎講座④「職種間連携」 講師:佐藤純史

≪参加費≫
基礎講座:県士会会員1,000円(何コマでも),非県士会会員1コマ1,000円

≪申し込み方法≫
① 茨城県言語聴覚士会HPより (http://www.stibaraki.com/
② または右記のQRコードよりお申し込み下さい。
③ https://goo.gl/forms/RFqz4TGXcfdxr84t1 よりお申し込み下さい。
*締め切りは平成31年3月1日(厳守)

≪注意事項≫
* 基礎講座を受講される場合は協会の「生涯学習受講記録票」(青いカード)を必ずご持参ください(紛失した方は当日200円で販売します)。協会未入会の方は「生涯学習受講記録票」を購入できませんので事前に日本言語聴覚士協会への入会を推奨いたします。
* 当日参加は受付できません。事前申し込みのみの受付といたします。
* 各講義開始から15分経過すると受講票に捺印ができませんので時間に余裕をもってお越しください。(15分経過しても聴講は可能です。)

第15回小児リハビリテーション研修会 
PDFに詳細あり

演題:こどものこころとことばの育ち -発達障害かもしれない子どもとの接し方-
演者:「子どもの発達支援を考えるSTの会」代表 言語聴覚士 中川信子 先生
期日:平成31年2月24日(日) 14:00 ~ 16:00(13:30受付開始)
対象:学校教諭、幼稚園教諭、保育士、保健師、医師、心理士、リハビリ職種など
参加費:1,000円

申込方法:Webからのお申込みとなります。
①以下のURLにアクセスし、メンバー登録してください。
http://www.c-sqr.net/?iwpass=KtO6Dv5bT0ZeNLzDPN&c=1
URL入力時にお間違えのないようお願いします。
②メンバー登録後、研修会の出欠登録をして完了です。
※既にメンバー登録されている場合、出欠登録のみ行ってください。
申込締切:平成31年1月31日(木) 定員になり次第締め切りとなります。

お問合せ先:〒312-0057 茨城県ひたちなか市石川町20番1
㈱日立製作所 ひたちなか総合病院 小児神経精神発達科 主任医長 森山伸子
E-Mail nobuko.moriyama.fv@hitachi.com
(主題に「2/24 リハ研修会の件」と明記してください)

平成30年度第2回鹿行地域ST交流会研修会

日時:平成31年2月22日(金) 19:00から
会場:介護老人保健施設フロンティア鉾田春の場所 リハビリテーション室
   (〒311-1511 茨城県鉾田市柏熊985-1 )
演目:「高次脳機能障害アップデート」
講師:吉田真由美先生(言語聴覚士)
費用:500円(資料代として)
※講演会終了後に懇親会を予定しております。

申し込み:以下メールアドレスに①氏名、②所属、③懇親会参加の有無を明記ください。
haru-riha@car.ocn.ne.jp
期限:平成31年2月8日(金)

第10回北関東摂食嚥下リハビリテーション研究会のお知らせ

日時:平成31年2月10日(日)13:00~16:00
場所:小山市立文化センター(栃木県小山市) ※定員300名
会場URL:http://www.oyama-bunkacenter.jp/access
参加費:1,000円(当日、会場受付でお支払い下さい)
テーマ:『在宅診療と摂食嚥下リハビリテーション』

講演① 
「在宅診療における歯科衛生士としての口腔健康管理」
山口朱見 先生
(医療法人財団 千葉健愛会 あおぞら診療所 歯科衛生士)
講演②
「摂食嚥下障害の評価と訓練の実際」
戸原玄 先生
(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 老化制御学系口腔老化制御学講座 高齢者歯科学分野 准教授)

第10回北関東摂食嚥下リハビリテーション研究会のお知らせのPDF
お申込みにつきましては添付ファイル(PDF)の案内チラシに記載しております、
オンライン予約(http://kitakanto-swalllowing.kenkyuukai.jp/event/ )かFAXにてお申込みください。
※オンライン予約には、m3.comへのご登録が必要になります。

皆様の多数のご参加をお待ちしております。
どうぞよろしくお願い致します。

平成30年度第3回茨城県介護老人保健施設協会 リハビリテーション専門委員会 研修会のお知らせ
「老健で活用できるシーティングについて」をテーマに土浦厚生病院の濱田剛利先生をお招きし、シーティングに関する基礎的な知識や技術、応用方法など幅広い視点でご講演頂きます。様々な場面での対応や応用等、濱田先生の経験に基づき、臨床業務へ活かせる内容を聴講できる貴重な機会となっております。老健で勤務されているセラピストに限らず、病院等で勤務されている方、関連職種の方まで多数お誘い合わせの上、是非ご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。

日時:平成31年2月8日(金)
受付:18:30~
講演:19:00~20:30
質疑・応答:20:30~20:40 
場所:茨城県総合福祉会館 4F中研修室(茨城県水戸市千波町1918)
内容:「老健で活用できるシーティングについて」
講師:濱田 剛利 先生 作業療 法士 土浦厚生病院 日本シーティング・コンサルタント協会 認定シーティング・コンサルタント
参加費:会員2,000円 非会員3,000円
申込方法:下記の方法でお申し込みください。
申し込み専用ホームページ:https://ws.formzu.net/fgen/S6591150/
申込締切:平成31年1月25日(金)
主催:一般社団法人 茨城県介護老人保健施設協会リハビリテーション専門委員会
共催:公益社団法人茨城県作業療法士会
後援:公益社団法人茨城県理学療法士会/一般社団法人 茨城県言語聴覚士会
*日本理学療法士協会新人教育プログラム『C-5地域リハビリテーション』1単位、
日本作業療法士協会『基礎研修自由選択(基礎ポイント研修)』2ポイント取得可能です。
*日本作業療法士協会生涯教育のポイント取得希望者は会員番号を記入して申込ください。
『地域勉強会の現在地と未来 ~当地区20年の変遷~』

日時:平成31年2月7日(木)19:00~
受付:18:30~
場所:医療法人幕内会 山王台病院 2階リハビリテーション室(石岡市東石岡4-1-38)
講師:茨城西南医療センター 言語聴覚士 鈴木 智浩 先生
内容:講演テーマ『地域勉強会の現在地と未来 ~当地区20年の変遷~』

申込方法:事業所・職種・氏名・連絡先を記載の上、下記のアドレスまでご連絡下さい。
E-mail:rehareha830@gmail.com
申込締切:平成31年1月31日(木)

お問い合わせ:ご不明な点がありましたら、下記メールアドレスまでご連絡ください。
石岡地域担当:山王台病院 ST加藤俊彦
E-mail:rehareha830@gmail.com


平成30年度 茨城県失語症者向け意思疎通支援者養成研修
失語症の方とコミュニケーションを図るために
失語症者向け意思疎通支援者養成研修とは
失語症は、脳卒中等で生じる言葉の障害です。失語症の症状や対応方法を理解し、会話の支援、買い物や外出時の手続きなど日常生活上の出場面にて意思疎通の支援を行える支援者を養成する研修です。

募集内容
【 講 座 】講習22時間 実習18時間 計40時間(2018年10月~2019年3月)
※詳細は裏面を参照 ※実地実習の日付・場所は講習の中でお知らせします
【 定 員 】20名 受講料:無料(交通費は自己負担となります)
【 場 所 】茨城県総合福祉会館など(水戸市内の施設)
【 講 師 】言語聴覚士
【 応募資格 】①満18歳以上の方 ②茨城県内に住所を有する方
③失語症に関心が高く、県内で失語症者支援に携われる方
【 修了条件 】全40時間の8割以上の受講が必要となります
【 申込方法 】裏面のFAX申込書、または茨城県言語聴覚士会ホームページ内の申込フォームに必要事項を入力のうえ、お申込ください。
【 締め切り 】2018年9月14日(金)まで
詳細は添付資料を参照ください。

一般社団法人茨城県言語聴覚士会とは

言語聴覚士(ST)とは

当会は言語聴覚士の質・知識・技術の向上、言語聴覚関連領域でお困りの方が生活しやすくなるような支援(言語聴覚領域の普及・発展)を通して県内の健康・医療・福祉・教育の増進に貢献する団体です。

目的を達成するため、以下の事業に取り組んでいます

・言語聴覚士の知識・技術向上に関する事業(各種研修会への取り組み)
・言語聴覚障害学及び療法の普及・発展に関する事業(広報活動など)
・言語聴覚士の社会的地位向上と相互福祉に関する事業(講師派遣など)
・県民の保健・医療福祉教育向上に関する事業(市民公開講座など)
・その他当法人目的を達成するために必要な事業

言語聴覚士会(ST)とは

言語聴覚士(ST)とは2003年5月13日当会設立時の集合写真

言語聴覚士は、英語表記である、Speech-Language-Hearing Therapistを略して「ST」とも呼ばれています。
ことばによるコミュニケーションに問題がある方、あるいは摂食・嚥下機能に問題がある方に対し、専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。
言語聴覚士は、医療機関、保健・福祉機関、教育機関など幅広い領域で活動しています。
そして、コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるよう、ことばや聴こえ、あるいは摂食嚥下に問題をもつ方とその周囲の方々を支援します。

言語聴覚士会(ST)とは

※日本言語聴覚士協会のページへ移動します。

言語聴覚士の提供する専門的サービスとは

言語聴覚士の提供する専門的サービスとは

ことばによるコミュニケーションの問題は、脳卒中後の失語症・構音障害、聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害など多岐に渡ります。年齢に関しても小児から高齢者まで幅広く現れます。
言語聴覚士は、このような問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施し、必要に応じて訓練、指導、助言、その他援助を行います。
このような活動は、医療施設では、医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士などの医療専門職、福祉施設ではケースワーカー・介護福祉士・介護支援専門員などの保健・福祉専門職、教育施設では教師、心理専門職などと連携し、チームの一員として行います。

言語・聴覚・嚥下でお悩みの方

※日本言語聴覚士協会のページへ移動します。

言語聴覚士が活動している場所

言語聴覚士が活動している場所

(医療機関)
病院、クリニック、リハビリテーションセンター、療育センターなど
(保健・福祉機関)
保健所、保健センター、児童相談所、介護老人保健施設、老人保健施設デイケア、介護老人福祉施設、身体障害者更正相談所、身体障害者福祉センター、難聴幼児通園施設、知的障害児施設、自閉症児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設など
(教育機関)
ことばの教室、難聴学級、ろう学校、養護学校など
(その他)
言語聴覚士養成校、ことばのクリニック(開業)、役所、関連企業、研究所など
※参考資料
日本言語聴覚士協会のホームページ、日本言語聴覚士協会のパンフレット