失語症者向け意思疎通支援事業について

コロナウイルスの急激な拡大に伴い、2021年度の失語症者向け意思疎通支援者養成研修事業は中止となりました。

失語症は、脳卒中等で生じる言葉の障害です。
本事業は、失語症の症状や対応方法を理解し、買い物などの日常生活上の外出場面や、イベント参加等の社会参加の際に、コミュニケーション支援を行う意思疎通支援者を養成し、失語症者のもとへ派遣する事業です。

【利用案内】失語症者向け意思疎通支援者派遣事業 

茨城県失語症者向け意思疎通支援者養成研修について

講習期間及び講習場所

2021年8月~2021年12月までの間に、計40時間の講習及び実習を行います。

講習場所は、水戸市内の施設を予定しております。

講習内容

概ね次の内容について講習を行います。併せて実習も行います。

(1)失語症とは何か
(2)意思疎通支援者の役割、心構え及び倫理
(3)コミュニケーション支援
(4)外出同行支援
(5)身体介助
(6)その他、失語症者の意思疎通支援に必要な事項

※今年度は、集合形式の研修に加え、新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑みて、講習用DVDを送付、またはWeb上で講習用動画を配信し、ご自宅で学習をしていただく講習もございます。

研修申込について

申込等詳細は、こちらへお願いいたします。

意思疎通支援者の登録について

失語症者向け意思疎通支援者養成研修を修了された方は、支援者の登録が可能となります。
また、他の都道府県及び政令指定都市が行う研修を修了された方も登録の対象となります。

登録を希望される方

支援者登録申請書(エクセル:16KB)

登録を抹消される方

登録事項抹消届出書(エクセル:14KB)

茨城県失語症者向け意思疎通支援者の派遣について

失語症により意思疎通を図ることが困難な方への外出の同行や公共交通機関利用時の援助、各種会合でのコミュニケーションの援助を行う「失語症者向け意思疎通支援者」を派遣します。

ご利用できる方

茨城県内に居住する失語症者であり、利用登録が行われている者。

利用登録はメールにて一度お問い合わせ下さい。直接対面させていただく日程を調整いたします。

  • 派遣依頼に係る費用は無料です。ただし、待ち合わせ場所からの交通費や施設利用料、参加費などの支援者分の費用は、ご利用される失語症者のご負担となります。
  • 派遣先は原則として茨城県内です。

派遣利用登録申請書(エクセル:28KB)

【提出先】茨城県言語聴覚士会 失語症者向け意思疎通支援事業 事務局

     E-mail:ibarakiken_st@yahoo.co.jp

どのようなとき派遣してもらえるか

(1)社会生活及び日常生活上必要な外出に係る意思疎通支援

(2)第三者とのコミュニケーションに関する支援

(3)研修等社会参加促進のため必要と認められる支援

 ※但し,次に掲げる場合を除く

  • 通勤、通学、通所等の通年かつ長期に渡る場合
  • 政治活動、宗教活動、営業活動にかかわる場合
  • 家族が行う意思疎通支援の場合
  • 社会通念上、本事業を利用することが適当でない場合
  • Yes/Noで答えられる質問に整理する
  • 実物やカード等を見せて,選択肢を作り,選んでもらう
  • 漢字でメモを書き,文字を見せながら会話する
  • 地図やカレンダー,写真など図で示す

支援者の役割について

  • Yes/Noで答えられる質問に整理する
  • 実物やカード等を見せて,選択肢を作り,選んでもらう
  • 漢字でメモを書き,文字を見せながら会話する
  • 地図やカレンダー,写真など図で示す

派遣依頼の申込について

下記の派遣依頼書に必要事項をご記入の上、派遣を希望する日の1週間前までにお申し込みください。

派遣依頼書(エクセル:25KB)

【提出先】茨城県言語聴覚士会 失語症者向け意思疎通支援事業 事務局

     E-mail:ibarakiken_st@yahoo.co.jp